プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

こんにちは。開陽亭 営業部長のイカ太郎です!ブログやホームページを通して、旬の味覚や北海道のおいしいもの等開陽亭の魅力を皆様にお伝えするのが私の仕事です。どうぞ宜しくお願い致します。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2012年4月 | メイン | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月27日 (日)

余市より天然うに入荷!!

こんばんは!

イカ太郎です♪

いよいよ、夏の旬

天然うにが余市より入荷です。。。。

うには何といっても、「天然物」に限ります!!

もちろん開陽亭では、1年中天然物のうにをご用意しております

夏は小樽の余市や積丹からの入荷、冬は道東より入荷しております

天然物の味わいの違いは何といっても

薬(ミョウバン)を使っていないので、苦味はまったくないところです

今まで、うにというと「嫌な苦味」を想像してしまう人も、

一度「天然のうに」を食べてみれば、感覚が変わると思います

とにかく、甘い!!

自然なままの味わいのうには、甘くて磯の香りがなんとも言えなく絶品です

そのままはもちろん

099

うに丼

Img_0560

当店人気メニュー「うにぎり

030

宴会コースではうにぎりに「いくらトッピング

Img_0621

特別な日には、「特大うにぎり」なんかもおつくりできます♪

お祝い事にも非常にめでたく打って付け

Img_0630

浜まで足を運ばなくても、すすきので

浜直!とれたて同然の新鮮海鮮が食べれますよ

是非、いらしてみてくださいね

2012年5月22日 (火)

日高より時しらず入荷♪&お知らせ

こんばんは!

イカ太郎です。

季節の経つのは早いもので、ほとんどもう桜も散りましたね。。。

そんな本日は「活〆時しらず」のご紹介

こちら日高より入荷した、

活〆時しらず

Img_1163

時しらずとは、秋以外の季節にとれるので

「時」しらずと名づけられました

時しらずの特徴としては、まだ卵巣・精巣が成熟してないので身にあぶらがのっています

活〆なので、刺身では身の繊細で上質なあぶらのりが堪能できます

Img_1167

あぶらのりを一番感じれるのは、かま焼き

非常にジューシーなあぶらのりを味わえます♪

そして、開陽亭からのお知らせ

なんと3号店が南5条店の道路を挟んで向かいにオープン

店内の様子は落ち着いたモダンな雰囲気に統一されています。。

Img_1170

開陽亭からの、2次会でも気軽に使えます

なんといっても、落ち着いた雰囲気で

美味しいお酒と、こだわり食材をつかった和・洋食を楽しめる空間となっております

オープンは6月上旬予定!!

開店のほど、暫くお待ちくださいませ!!

2012年5月17日 (木)

蝦夷あわび♪

こんばんは!

イカ太郎です♪

北海道の日も長くなったこの頃。。。

新しい季節が確実に近づいております。。

そうなると、やはり旬の食べ物も移り変わり

本日は、天然蝦夷あわびのご紹介です

Img_0573

こちらの蝦夷アワビは、函館から日本海沿いでしか揚らない

とても稀少なあわび

大きさは小さめでほかのあわびに比べて横長です。

天然物と養殖物の違いは、

殻の色の違いと、ずばり味!!!

殻の色は、養殖物の場合同じ海藻を食べて育てられ、

青色をしています。

一方、天然物は自由に泳ぎ回って、

良質の海藻を食べていて、茶色です。

この違いは、もちろん味にも影響してきます

養殖物は割と柔らかいですが、

天然物は泳ぎ回り生活してきたので、身がしまり

肉厚で、歯ごたえの良さが特徴です

開陽亭で入荷している、蝦夷アワビはもちろん活きているので

コッリコリの食感は抜群♪お刺身でも絶品!!

Photo


そのほか、自慢のお刺身たっぷりございます♪

八角刺し

Photo_2

ぼたん海老刺し

Photo_3

是非、一度ご堪能してみてください

2012年5月12日 (土)

チップが入荷!

こんばんは!

イカ太郎です。

本日の札幌はとても、寒いです。。

なんと道東の方では雪まで降った様子。。。。

もう、はやく夏が来て欲しい!!と懇願する、イカ太郎です。

そんな寒い1日ですが、、

今日はうれしいお知らせが!!!

なんと「チップ」が入荷致しました!!

そう、チップ=ヒメマスです♪

ご存知、ヒメマスは大変高級な魚です。。

見た目は美しく、銀色に輝いています。

Photo

それもそのはず、紅鮭と同じ種類なんです!

違いは、海に降りて行ったのが紅鮭。

淡水でとどまり生活してきたのが、ヒメマスです。

こちらは、屈斜路湖からの入荷。

ヒメマスは絶滅危惧種に認定されている、大変貴重な魚

なので本来は阿寒湖とケミチップ湖にしか生息していなかったのですが、

人為的に支笏湖などに放流して、養殖が成功しました

ですが、未だにチップは稀少で高級魚

その味は、繊細な身に上質なあぶらのり♪

一度は堪能してみてください!

2012年5月 9日 (水)

ヤリイカの時期もあと、わずか。。。

こんばんは!!

イカ太郎です♪

皆様、ご存知のとおり

ヤリイカの季節ものこりわずか、

あと1カ月を切りました。。。。。

そこで本日は「イカ料理」のご紹介♪

まずは、開陽亭名物!「活イカおどり造り

018

こちらは、なんと先代が函館ではじめて考案してお店で出したメニューなのです!!

それまでは、活イカなんて漁師さんか

早朝に浜で活イカを買わないと食べれなかった代物。。

それをはじめてお店のメニューとして出したのが開陽亭が初!!

今や、すすきのでその日の朝獲れた活イカが食べれます!!

ちなみに南5条店では自分で活イカを釣りあげることもできます♪

味を楽しむだけでなく、思い出作りにもぴったりです!

Photo

お次は、ゲソコロッケ!!

Photo_2

北海道産のほくほくじゃがいもにゲソのコリコリ感がたまらない一品!!

丹精こめて手作りしています♪

Photo_3

次に、宴会コースでもおなじみ「イカゴロと野菜の共焼き

新鮮な いかゴロはお酒にぴったり♪

Photo_4

お酒のお共にこちらもぴったり♪「イカ焼き

Photo_5

活イカは、海の天候次第で本当に「めぐりあわせ」です!!

サイズや、入荷の有無は当日ではないとわからないこともございます。。。

だからこそ入荷のあった日には、

貴重な活イカをぜひ、堪能して頂きたいです!!!

2012年5月 5日 (土)

北海道といえば、、、、!!

こんばんは!!

今日も元気です♪イカ太郎ですくコ:彡

やっと春らしいお天気になり、気分も晴れやかなGWになったと思いきや、

一転、雨模様、、、、、、、

残りのGW期間は札幌、雨らしいので

札幌の方は外にレジャーと言うよりは、

開陽亭に来て、おいしいものをたくさん食べに来て下さい♪

本日、ご紹介するのは

北海道の食材としては外せない「じゃがいも」です

開陽亭のこだわり、道産食材。

じゃがいもは多数のところから入荷ありますが、

今回紹介するのは「きたあかり」

Img_1162

皆さん、ご存知の方も良くいる品種です!

改めて「きたあかり」の特徴を紹介していきます♪

1987年に「男爵」と「ツニカ」を掛け合わせて作り上げられました。

別名「くりじゃが」と呼ばれ、

肉質が黄色みがかり、他のじゃかいもに比べて甘みが強いです。

そんな、甘みの強いじゃがいもの

一番ぴったりの食べ方は、ジャガバターです!!

バターと相まって、キタアカリの甘みを実感できます!

イカの塩辛とのコンビネーションも是非、体感してください♪

Photo_2

Photo

北海道ではメジャーな組合せですが、

まだ食べてみたことのない方もだまされたと思って一度は召し上がってみてくださいね!

そして、ここでちょっと「じゃがいも」の歴史についてもふれてみましょう!

アンデスで発見されたじゃがいもはインカ帝国を終わりにもたらしたスペイン人により

ヨーロッパへと伝えられます。

当初、じゃがいもは観賞用でした。

ヨーロッパでは最初、じゃがいもの花を観賞用に栽培していました。

ドイツのフリードリッヒ王が食用にすることを広めていきました。

オランダへの海外輸出により、食用として世界中に広まっていきます。

■そして、日本到着。

オランダ船から長崎の出島に持ちこんだのがきっかっけ。

「じゃがいも」という名前の由来は、

当時オランダ人が活動の足場にしていたのが「ジャカルタ」だったところからとされています!!

そして、北海道へ

長崎に持ち込まれたじゃがいもから100年後、北海道にやってきました。

日本に入ってきた当時のじゃがいもとても淡白な味だったため、あまり普及しませんでした。

明治時代に入り、北海道開拓が盛んになったころ、

じゃがいもの新品種の導入なども始まり、生産が盛んになって行きました。

品種改良のもとをたどると、男爵

品種改良のもとになるのは男爵と他の品種をかけあわせて

作られることが多いです。

ポテトチップスの起源

ポテトチップスが生まれたのは1853年のニューヨークのレストランです。

その時にお客に出したフレンチフライドポテトが厚過ぎるとクレームがきて

はらいせにとても薄く切って、揚げて出したのが始まりと言われています。

意外なところからおいしい食べ物が生まれたりするんですね!!

GWもうすぐ、終わりですが

まだまだ北海道のおいしいものが食べ足りない!!と言う方は、是非開陽亭にいらしてください!!

満足いく、北海道の天然物海鮮でおもてなしさせて頂きます!!

2012年5月 1日 (火)

人気メニューランキング一挙公開♪

こんばんは!!

イカ太郎です♪

本日は、開陽亭の人気メニューを一挙公開♪

道外からのお客様にも御愛好頂いているメニューをたっぷり紹介します!

まずは、開陽亭の看板メニューといっても過言ではない

うにぎり

Img_0746_2

こちらは、当店にいらしたことのない方でも、

よく噂に聞いた。と言う方も多くいらっしゃるほど!

見た目のインパクトと十二分に

インパクトある内容となっております

天然の一切、クスリ(ミョウバン)を使っていない

浜で獲れたてと同じ、塩水うにを

中にも、外にも!!!

2

しかも、宴会プラン限定

こちらのうにぎりに「いくら」をトッピングしてお出ししております

Img_0647_2

次に、口コミなどでもよく話題にあがるメニュー

毛ガニ甲羅あげ

豪快な内容!!

毛ガニの甲羅の中に、

むき身とミソを和えたものを入れ丸ごとあげています!!

2_2

なんと毛ガニ丸まる1杯!!!

蟹メニューの中ではずしては語れない、

当店特製!!

蟹身たっぷりの蟹クリームコロッケ

Img_0544


こちらはご来店されたお客様によく御注文いただくメニュー。

もはや定番メニューですね

なんといっても、サクッとあげた衣の中には

クリームよりも蟹身がごろごろ

Img_0992

中のクリーム・アメリケーヌソースも丹精込めて、当店で手作りしております!!

開陽亭には、こんな贅沢なセットメニューも!

ぶどう海老と特大ぼたん海老の食べ比べセット

Img_0736

こちら、食通の方でしたらご存知の

あの、まぼろしと言われるほど漁獲量の少ない、「ぶどう海老」と

食べ応えもプリップリ感も充分の「特大ぼたん海老」を一気に食べ比べできちゃいます!!

こんな贅沢な「食べ比べ」あっていいのでしょうか?。。。。

他にもまだまだ紹介しきれない、開陽亭イチオシメニューたっぷりございます!!

是非、ご来店されてイチオシメニューを味わってみてくださいね!!

開陽亭 すすきの本店 のサービス一覧

開陽亭 すすきの本店